お気にいる nor********さんの質問にお答えしま

お気にいる nor********さんの質問にお答えしま。下のヤマダというのは、日蓮正宗原理主義者です。nor********さんの質問にお答えします
あなたの質問
浄土宗系について「念仏無間」と日蓮は四箇の格言で言っていますが、
それはどういった理由からなのでしょうか 回答
法然上人門下の繁盛が公家、平民にいたるまで浸透していましたので

親鸞聖人は大曼の行までなされてまで後生の一大事の解決しようと
頑張られましたがどうにも比叡山で解決ができず泣き泣き山を下りら
れ、法然上人の弥陀の本願の救いを聞かれて「絶対の幸福」に救われ
られた方です
大曼の行は、今日まで成し遂げた人は三百人もいないといわれます

当時、平安時代、鎌倉時代(釈迦死後千五百年~二千年)に末法の時機
到来するということで 社会情勢が動乱していました

日蓮さんも天台宗で修行していたけど修行もまともにできなかったの
で苦し紛れに思いついたのが「南無妙法蓮華経」という「妙法蓮華経」
に「南無」をつけて横着したのです

繁盛していた浄土門に対して嫉視反目、うらみつらみが募り、
「念仏無間」と言い始めたのです
大変お粗末千万です

【大無量寿経】
〇「仏、弥勒に語りたまわく「それ彼の仏(阿弥陀仏)の
名号(南無阿弥陀仏)を聞くことを得て、歓喜踊躍し、
乃至一念すること有らん
当に知るべし この人は大利を得と為す、すなわち
これ無上の功徳を具足するなり」
意訳
阿弥陀仏の本願を聞く一つで大利を得る(絶対の幸福)に救われ、
この上のない最高の幸せになれるのだよ

釈尊は、法華経をやる者の姿勢を
『法華経法師品』に

法華経を説くものは室?衣?座の三軌を守れとある
簡単に言うと
室…一切の人々に大慈悲をもって接しよ
害心もって向かってくる者あらば一人子のように思えとある

衣…如何に苦しくとも笑ってしのべとある
座…一切のものに執着を断てとある

この室?衣?座の三軌が完全に守れてこそ法華経を説くことが出来る
のですが地球上、今日このような修行ができる人は、ほぼ、
いないでしょう

『法華経 嘱累品』には
「法華経を信じえないものの為には如来の余の
深法を教えよ」とある
法華経以外に真実の教えのあることを示唆されている

深法とは
法華経はじめ一切の経典は滅尽するときが来る
このことは大集経などに説かれている

しかし釈迦は「弥陀の本願を説いた大経(深法)だけは
永遠に残る」と大経巻末に説いておられる お気にいる。ノアールのポンチョ「『モヘアケーブルニットポンチョ』」-
を購入ミックス糸の色合いが。ゆるっとしたシルエット
にこなれ感をプラスします。当院にお問い合わせがあった質問にわかりやすく
お答えします。いままでに。抜歯をして頬がこけてしまった患者さんはいます
か?

フジ久慈暁子アナに100の質問。フジテレビの久慈暁子アナ歳が。「の質問してみた」に答えている。
めざましテレビ」の公式チャンネルで更新された。女子アナへの「
の質問してみた」動画の第弾※第弾竹内結子さんの死の背景をこれ
以上探ってはいけない理由 心理テスト自分でも気づいていない。あなた
の秘められた「性格」を暴きますおっちょこちょいしっかり者診断文法表現の勉強。今観たビデオから。文楽や歌舞伎は江戸時代に一般の人々にも広がったという
ことが分かります。 “ ”
会話例
ダン。ベッキーさん。クッキーを作る時。きじを混ぜてから。チョコ
チップを入れる?彼は。その数学の問題を何時間も考えたが。答えが分から
なかったので。とうとうあきらめてしまった。論文についての質問なんですが

日テレ「役割果たして」自局アナ担当番組の大幅変更。左から日テレの桝太一アナ。水卜麻美アナ。岩田絵里奈アナ 日本テレビは日。
月の定例社長会見が。コロナ禍のため中止になったことを受けて。ラジオ?
テレビ記者会が提出した質問に社長室広報部が回答した。 月から同局
アナウンサーの担当番組が大幅に変更することについて「番組の制作過程
についてはお答えしておりませんが。新しく担については「持ち前の芯の
ある明るさで。加藤浩次さんとの新しいコンビネーションを期待しています」と
した。zip。降板の件は母親云々の件でと理由が言われてますが。 徳島えりかアナがお休み
欠席の理由はなぜ?ジップのもうもうお馴染みさん どうぶつ園の時は
ちょっと腰がひけてるけど。今日はしゃべるしゃべる #嵐にしやがれ, 桝アナの
,
!進行したりと いつも安定してい
ますし。 徳島えりかアナジップをお休み欠席の理由はなんで?

下のヤマダというのは、日蓮正宗原理主義者です。信じているのは、日蓮の教えでも法華経でもありません。日蓮正宗の教義であり、日蓮より日蓮正宗管長なんですよ。だから、法然上人が選択集に「聖道門を捨てなさい」と言っていることをそのまま「聖道門=大乗経典、大乗経典の一つが法華経、つまり法華経を捨てろ」という短絡的解釈になるのです。言うまでもありませんが、法華経は釈迦の滅後に創作されたものです。それでも、歴史的にも経典の思想的にも意義深いからこそ今に伝わっているのだと思います。経典は、いわば羅針盤といいますか、道しるべのようなものでしょう。その人その人にあったものを選び、取捨選択して、自分に最も適った実践をしていくべきものだろうと思います。そもそも、日蓮は鎌倉時代の僧侶です。当時は加持祈祷、占い等が絶対の時代です。今とは全く異なる価値観であったことを忘れてはいけないはずです。この内容は、以前、私が説明済みです。三軌と深法について、再掲しましょう。>この室?衣?座の三軌が完全に守れてこそ法華経を説くことが出来るのですが地球上、今日このような修行ができる人は、ほぼ、いないでしょう。youさんが、法華経を正しく理解していないことが、よくわかります。説明します。「衣座室の三軌」とは、法華経を弘通するにあたって心がけるべき方軌であり、具体的には『慈悲』『忍耐』『智慧』の三つの徳をいいます。この三軌は、法華弘通の大願に生き抜くなかで、法師に具わる「仏の徳」でもあります。日蓮大聖人は「衣座室とは法報応の三身なり空仮中の三諦身口意の三業なり」と仰せです。「法報応の三身」とは仏の徳です。簡潔に言えば、真理と智慧と慈悲です。その徳が具わるのです。また「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は此の三軌を一念に成就するなり」とも仰せです。題目を唱え弘める信心の一念に「仏の徳」が具わるのです。つまり、創価学会の正しい信心の実践に「衣座室の三軌」である慈悲?忍耐?智慧の徳が含まれているのです。わかりまし鷹?笑>『法華経 嘱累品』には「法華経を信じえないものの為には如来の余の深法を教えよ」とある。法華経以外に真実の教えのあることを示唆されている。これも、法華経を正しく理解していないために、我田引水の屁理屈です。ちょっと、詳しく説明します。天台大師は、法華文句巻十で、菩薩が如来の智慧を信じることのできない衆生に別教である「余深の法」を用いて仏の智慧を助けて述べることが巧みに仏の恩に報いることである、と釈しこれを受けて、天台大師の弟子である妙楽大師は、法華文句記で別教を用いて衆生を導くことは「以偏助円」すなわち、偏をもって円教?法華経の意を助けるためであるとしています。あくまでも三乗の教えは円教を助けるためにあるのであって、そのことをわきまえないで、三乗の教えが存在するのだから三乗それ自体としてあってもよいというのは誤りである、と釈しています。つまり、法華経実教を理解できない衆生には、大無量寿経などを含む三乗の教え権教を説き、理解をさせなさいと言う意味かと思います。最終的には、法華経を理解させ、信受させることが目的ですが、まだ、未熟な衆生には、レベルの低い教えを施すように言われているのです。しかし、この低レベルの教えが最終目的ではありません。大無量寿経は、二乗作仏も女人成仏も明かされていない粗末な法であり、法華経とは比べものになりません。したがって、大無量寿経は釈尊が説こうとした真実の教えでないということを、まず、ご理解ください。釈尊の出世の本懐は法華経にあります。その法華経に導くための教えがyouさんの言われる大無量寿経であるということです。末法の現在、その法華経を継承した日蓮大聖人の仏法こそ、本未有善の衆生に向けた真実最高の教えなのです。念仏の方は、同じことを何度も何度も????youさん、もう、同じ質問を繰り返さないでくださいね。笑天台宗には大曼の行の記録はありません。伝説です。親鸞さんが大曼の行をされた記録もありません。伝説です。最澄聖人が大曼の行をされたとの伝説は残っています。親鸞さんは結局は肉食妻帯され還俗なされたので、僧侶ではありませんよね?日蓮聖人は天台宗で修行をまともにできなかったという事実は無く、詭弁である。法華経比喩品若人不信 毀謗此経 則断一切 世間仏種 若仏在世 若滅度後 其有誹謗 如斯経典 見有読誦 書持経者 軽賤憎嫉 而懐結恨 此人罪報 汝今復聴 其人命終 入阿鼻獄 具足一劫 劫尽更生 如是展転 至無数劫法華経 嘱累品にはそのような下りはありません。もしも、生命のあるものすべての中で、信受しない者には、当然、如来の他の深遠な教えの中に於いて、具体的に示し教え利を得させて喜ばせるべきである。おまえたちが、もしも、よくこのようにするならば、すなわちそれはすでに諸々の仏の恩に報いることである。この下りの事を言っているなら曲解嘱累品薬王よ、もし人が如来の入滅ののちに、この法華経を説こうとすれば、どのように説いたらいいだろう。その人は 如来の部屋に入り、如来の衣を着、如来の座に坐して、この経を説くのである。如来の部屋とは、慈悲心である。 如来の衣とは、我慢強い柔和な心である。如来の座とは、一切が空であるとの法の理解である。そうして衆生に広く法華経を 説きなさい。この法を説いているとき、もし世間の人が悪口を言い、罵り、刀?杖?瓦?石もて害を加えようとも、仏を念じて 耐え忍べ。わたしは他の世界にあっても、神通力で会衆を集めてあげよう。もし経を説く人が、人里はなれたところに いるのなら、天の非人たちを集めて聞かせよう。時々は会いに行こう。もし一句を忘れることがあれば、わたしはそれを 補ってあげよう。釈尊は室、衣、座を守るために、助けに来ると言っている!切り文して引用する方は信用に値しない。だいきょう 大経仏教用語。その宗派で用いる大部の経典をいう。天台宗では『大般涅槃経』、浄土宗では『無量寿経』。真言宗では『大日経』『金剛頂経』など。 これを前提として>深法とは法華経はじめ一切の経典は滅尽するときが来る。このことは大集経などに説かれている。しかし釈迦は「弥陀の本願を説いた大経深法だけは永遠に残る」と大経巻末に説いておられる。 とあるんですけど、念仏の場合、上から無量寿経のことになります。その無量寿経に、「弥陀の本願を説いた大経深法だけは永遠に残る」と書いてあるんですから、「この経典の法だけは残る」と「この経典は書いている」ってことですね。これでは理由づけにならなくないですか?「自分は天才だ」と「自分で言っている」だから間違いない。ってのと同じです。同様の方法で法華経も法華経が正しいことを宣言しています。大日経も同様です。このように大乗経典のほとんどはその経典において経典の正しさが宣言されていて、これだけで正しさが証明されたことにならないことは明らかです。ただ、そうした結論を導き出すために2つの経典を引き出して関連付けて、そのような結論になることも可としている点に好感を持っています。まず仏典の解釈と理解をする前提にすべての経典を平等に読む。次にその経典どうしの関係性を調べてみる。そこから経典のつながりを把握して大乗仏教が何を人々に示しているのかについて考えてみる。というような方法にきちんと沿っています。なかなか説得力があるなと思いました。>nor********さんの質問にお答えします。>あなたの質問>浄土宗系について「念仏無間」と日蓮は四箇の格言で言っていますが、それはどういった理由からなのでしょうか? この解釈は日蓮の四箇の格言に対して述べられた反論なんですね。ならばこれは無用の限定だと思います。笑>日蓮さんも天台宗で修行していたけど修行もまともにできなかったの で苦し紛れに思いついたのが「南無妙法蓮華経」という「妙法蓮華経」に「南無」をつけて横着したのです。 繁盛していた浄土門に対して嫉視反目、うらみつらみが募り、 「念仏無間」と言い始めたのです。 大変お粗末千万です!こんないちゃもんをつけなくても、ハッハッハま、お手柔らかに!選択集において「法華経を捨てよ」と法華経を誹謗した法然の教えを信じるとすると法華経誹謗の仲間です。法華経を誹謗は「入阿鼻獄」と法華経に説かれています。法然と釈尊とどちらを信じますか?嘱累品には「広く此の法法華経を宣べて、一切衆生をして、普く聞知することを得せしむべし」と前提があります。いつまで「余の深法」を伝えて喜ばせているのですか。いつになったら悟りのための法華経を伝えるのですか。衣座室の三軌の人がいない?上行菩薩の再誕日蓮大聖人がおられるではないですか。国家からの迫害をもはねのけ、法華経弘教する勧持品通り人です。経道滅尽後百歳は過ぎていますよ。いつまでやっているのですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です