アリエテとは イタリア陸軍のアリアテの砲塔正面の空間装甲

アリエテとは イタリア陸軍のアリアテの砲塔正面の空間装甲。アリエテ戦車については詳しく知りませんが、砲塔前面に空間装甲を用いるのは効果的だと思いますよ。イタリア陸軍のアリアテの砲塔正面の空間装甲って意味あるんですか イタリア陸軍のアリアテの砲塔正面の空間装甲って意味あるんの画像。アリエテとは。アリエテとは。イタリア陸軍で運用中の第世代主力戦車である。「
アリエテ」と呼ばれることもある。口径滑腔砲や車体前面?砲塔
正面には複合装甲などの第世代に必要十分な装備を供えているが。ネタ
として言われ続けて来た後進の方が早イタリア語の辞書にも「城壁を
打ち破るのに用いた破城槌」って意味が番目に乗ってるし突破兵器のイメージ
としてぴったりだ戦車。装甲戦闘車両の一種。 +古代国家で使用された戦闘用の「馬車たる戦車」。?
チャリオット +タロットカードの大アルカナの枚。上記のチャリオットに由来。
概要 黎明期から第二次世界大戦の開始までは。武装が機銃だったり。多砲塔だっ

アリエテ戦車については詳しく知りませんが、砲塔前面に空間装甲を用いるのは効果的だと思いますよ。特に、装甲を厚くできない場合に有効です。空間装甲は、成形炸薬弾HEATと呼ばれる兵器からの攻撃を防ぐのに有効となります。成形炸薬弾として代表的な物がRPG-7対戦車榴弾砲ですね。歩兵からでも発射でき、戦車にとって大きな脅威となります。この成形炸薬弾は、対象物に当たった瞬間に炸裂し、前方へ超高圧のメタルジェットを噴出させます。これが当たると、その部分の装甲が溶けて液体になってしまいます。戦車内部へのメタルジェット流入を防ぐには、装甲を貫通させないことが重要です。装甲を厚くできれば良いのですが、厚くすると重くなって機動性が犠牲になります。装甲を厚くせずに成形炸薬弾による攻撃を防ぐ方法として『空間装甲』を用います。?成形炸薬弾を 主装甲の手前で炸裂させてしまおう?という考えです。この考え方は、陸上自衛隊の10式戦車でも採用されています。砲塔後方がカゴ状バスケット状になっていますよね。これも成形炸薬弾による攻撃を防ぐのに有効なものです。詳しくは、文章で説明するのが難しいので、ご自身でネット検索をして調べてください。空間装甲では、徹甲弾などの攻撃を防ぐことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です