サイコロの和の確率 サイコロの確率について2つのサイコロ

サイコロの和の確率 サイコロの確率について2つのサイコロ。21通りが等確率じゃないからです。サイコロの確率について

「2つのサイコロを振って、同じ目が出る確率を求めよ」
という中学レベルの問題なんですが、答えが1/6というのは分かります ただ、2つのサイコロの区別が無い場合、出目の場合の数は6+5+4+3+2+1=21通りになるので、同じ出目は6通りとなり、6/21=2/7となってしまいます
区別が無い場合の考え方が違うとは思うのですが、どこが違うのかが分かりません

よろしくお願いいたします 中学2年数学確率二つのサイコロが出てくる確率の問題を。二つのサイコロを振ったとき。出た目の合計がとなる確率を求めなさい のよう な問題です。少し。面倒サイコロの和の確率。サイコロを指定個数振って。その合計の値が出る確率を計算します。 サイコロの
面数と個数を入力し。「確率を計算」ボタンをクリックすると。指定された個数
サイコロを振った場合の。サイコロの目の和とその目が出る組み合わせの数。

簡単計算。つのサイコロの確率の求め方を知りたい! こんにちは!この記事をかいている
だよ。茶漬け最高。 中学数学では。 サイコロの確率を求める問題 って
よーくでてくる。 いちばん出やすいのが。 サイコロをつふったときサイコロを2つまたは3つ以上振る確率の求め方と重複試行。2つのサイコロを同時に投げたとき。目の和が8となる確率を求めよ。 そのまま
中学生の問題です。 2つのサイコロを ? とすると。これらの目の出方は2つのサイコロを振ったとき。つのサイコロを振ると つのサイコロの合計数の最小値は2で。 最高値は12
ですね。がある 一度に全ての数について検討するのは大変なので。 最初に。
合計数が「2と3」の場合について考えてみます。合計数7が最も出やすく。
そこから少なくなっても。大きくなっても出る確率は少なくなる。

サイコロを同時に振った場合の確率を求める問題のまとめ。サイコロを同時に振った場合のさまざまな確率を計算する問題について解説して
いきます。 ?区別がある二つのサイコロを同時に振ったときの目の和の確率の
計算問題 ?区別が無い確率。サイコロを振るような事を「試行」と言い。「が出る」「奇数が出る」等の
起きる事を「事象」と呼ぶ。事象には其々場合二つのサイコロを同時に振って
「少なくともつが偶数」である確率はどうなるだろうか。 双方のサイコロは
をつしている。同じつの横位置について。同一視される順列の数はいくつある
か?

21通りが等確率じゃないからです。場合の数を分母にして確率を計算する時には、その事象が等確率なのかを神経質にきにする必要があります。二つのサイコロを振る場合には、それぞれのサイコロで1?6がランダムに、つまり等確率に出るため、別々に出目を考えた6×6=36通りが等確率です。だから6/36という計算が正しいわけです。もし出目を区別せずに、21通りで考えた場合には、ゾロ目の出る確率はゾロ目以外の確率の半分になります。21通りが等確率じゃないのはなにも不自然なことではなく、むしろ等確率になるのが特殊なのです。宝くじだって当たりとハズレで2通りですが、両者は等確率ではないですね。本来場合の数が等確率になるというのは全く保証されないものなのです。サイコロの出目とかコインの裏表とか、特別に等確率とわかっているものがあって、それを元にある特別な事象の場合にだけ場合の数の割り算で確率が計算できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です