ダルビッシュ 安田純平さんの件でディベートをすることにな

ダルビッシュ 安田純平さんの件でディベートをすることにな。先ほどBAをいただきました。安田純平さんの件でディベートをすることになりました 「安田純平さんの行動が正しかったかどうか」です

私は正しかったチームに入れられたのですが、どうにもアイデアが浮かびません 間違ってたチームがぐうの音も出ない理論のヒントをいただきたいです 「紛争地に行く以上は自己責任」。内戦下のシリアで拘束され。3年4カ月ぶりに解放され帰国したフリー
ジャーナリストの安田純平さん44が2日。都内の日本記者クラブで解放後
初めての記者会見を開いた。「可能な限り説明することが私の責任だ…安田純平さんの件でディベートをすることになりました。いずれかを含む。安田純平さんの件でディベートをすることになりました 安

安田純平さんも見殺しにするのか。フリーランスのジャーナリスト。安田純平さん42が昨年6月にシリアで
拘束されてまもなく1年になる。昨年。イスラム国に人質になった後藤健二
さんらが殺害されたこともあって。このところ日本国内でも安田さんの身を案じ
て安田純平が韓国人ではない理由がこちら。シリアで行方不明の安田純平さんを解放; 安田純平さんについて; 韓国人と発言し
ていた; なぜこの様な発言を?ホテルに泊まって勝手に取材するつもりが
イラク軍に拘束され。観念してバグダッド南部のドーラ浄水場に入る。共同
通信のチャンネルに以下の様な動画が公開されておりましたので。ご
紹介します。に関しては監禁場所が外部に漏れない様に嘘をついていたという
ことになり。安田純平さんは日本人であるということが確定したのです。

安田純平さん会見詳報5「私はアラブの名前で『ニダール』と。記者会見する安田純平さん=2日午前。東京?内幸町の日本記者クラブ
松本健吾撮影施設のボスは英語で書けと言っていたが。日本語で書くこと
を認めさせてやった』と通訳に言われました。『われわれは紳士的な話しては
いけないと言われていましたが。囚人と話してみたくなりました。ダルビッシュ。カブスに所属するダルビッシュ有選手は月日。自身のツイッターで。
ジャーナリストの安田純平さんを責める自己責任論に意見を述べた。まあ現実
ってのはアンバランスなもんだテロ組織に渡った金は銃になり爆弾になり。
大勢の罪無き人の生活を壊し。命を奪う。的な動きに影響を与えてしまった
ことで。もう人分より価値があるものになってしまったんだよね???

±0。日本でも世界でも。私がなくしたいことは。最も深刻な人権侵害。それは。罪
なき人々の命が犠牲になること。女性が暴力の犠牲に2内部の顧問弁護士
ではなく外部の第三者法律事務所ですがに調査委員会を作らせ。安心して話せる
環境をつくること。それが。年に日本で明るみに出た財務省セクハラ事件
でも一つの決め手になりました。武装勢力に拘束された被害者である安田純平
さんに対し。海外渡航の権利を無期限かつ包括的に剥奪するのは。憲法が保障
する基本安田純平さん叩くタレント達に戦場ジャーナリストが物申す。成田空港に到着した安田純平さん。写真。ロイター/アフロ ツイートシェア
ブックマーク シリアで現地武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田
純平さんが解放され。帰国したものの。案の上。安田さんの件で。最も活発に
発言している著名人の一人が。元大阪市長の橋下徹氏だろう。おかげさまで
無事帰国することができました。し。リスクにもなり得ることであるが。
そうした視点での報道がもっと日本で増えることを。現地で取材していた

安田純平さんめぐり激論。そして。「安田さんは困難な取材を積み重ねることによって。日本社会や国際
社会に一つの判断材料を提供してきた」「今回の安田さんの解放には。民主主義
社会の基盤となる『知る権利』を大切にするという価値が詰まって名言安田純平さんの『自己責任問題』にダルビッシュ有が一石。名言安田純平さんの『自己責任問題』にダルビッシュ有が一石を投じる「
後悔とか反省って自分でするもので。つい先日解放されたフリー
ジャーナリストの安田純平さん。人の人間の命が救われたことは素直に喜ぶべき
ことで論というのは論として成立していないので。こちらからそれについて
想像して語るのは昔やりましたがもうやりません。ダルビッシュ有が月額万
円の会員制開始 / それよりパンチ佐藤の月額万円の方が気になる

先ほどBAをいただきました。参考になるかと。イチ押しは、「危険を冒す権利」のくだりです。紛争地取材のこころざしが尊いものであることも、正しさを補強できるでしょう。それから、「身代金がテロリストにわたり、そのお金がシリア人の生命を脅かす人権侵害に使われるだろう」というような主張に対して言えることも考えてみました。身代金が支払われた証拠はないと主張することもできますが、支払われていない証拠もありませんので、この線での反論だけでは弱いですね。そこで、別の視点で考えました。まず、誰を「テロリスト」と呼んでいるのか、という点です。安田さんを拘束していた武装組織が、むやみに殺人をおかさないことを信条としていたことは、安田さんの記者会見からうかがえます。ISのような組織とはかなり違った、温厚な組織のようです。なにより、安田さんが生還されたことがその証拠です。「反体制武装ゲリラ」か、「アサド政権に対するレジスタンス運動」などといった表現の方が、「テロリスト」よりもふさわしいように思えます。そのような組織が身代金を受け取ったのだとしたら、それは、シリア正規軍との戦闘費用として使われるでしょう。いわゆる人権侵害とは違いますね。次に、そもそも誰がシリア内戦をはじめたのか、という点です。重信メイさんの著作『「アラブの春」の正体』で指摘されていますが、もともとシリア国内のならず者のようなひとたちに外国から武器やお金を供与されたのがきっかけです。参考:アサド大統領は、色々な氏族や宗派が入り乱れる国内を何とか統治していたのに、そのバランスを崩したのは外国からの武器と資金の供与だったのです。その「外国」が誰なのかは判然としませんが、石油狙いの列強とか、武器商人とかが考えられます。なんにしろ、自分たちの利益のために、シリア国民の生活が破壊されても構わないという価値観からなされたものです。そこを追求することはしないで、安田さんの解放に支払われたかも知れないたかだか数億円を問題にするのは、全体像が見えていない証拠です。「木を見て森を見ず」ですね。安田さんは、シリア入国の際に、ひとつだけミスをしました。これは確かです。そのため、武装組織に拘束されてしまいました。論点は、このミスだけで、安田さんは間違っていたと結論づけて良いものかということです。安田さんのこころざし、ジャーナリズムの意義、安田さんの知識と勇気、拘束されながらも安田さんが得たシリアの情報、そして何より安田さんが生還したこと、これらを踏まえたら、安田さんが正しくなかったと結論することはかなり無理があるように思います。危険なところへ行けば危険な目に会う事を実証したことぐらいです。ゲリラの側になれば資金活動に協力してくれて有難いと思っているでしょうね。批判してる人は、安田さん個人への批判を一般論に置き換えてしまってます。軽率だとか、落ち度があったとか、態度が気に入らないとか、嫁が気に入らないとか感情論が先行してしまって、戦地での取材活動自体の是非についても考えを歪めてしまっている。そこをもっときちんと考えていけばいいと思います。正面から戦っても負け戦ですので論点をずらすしかありません。つまりは安田氏は「あくまで被害者」でありその行動の正否を問うこと自体おかしいという流れにしてしまえばいいのです。恐らく間違っていたチームは安田氏が危険とされる地域に入ったが故に拘束されたとするでしょう。『ですが例えば、スカートをはいて電車に乗り痴漢にあえばスカートをはいた人が悪いのでしょうか、夜道で襲われたら夜道を歩いていた人が悪いのでしょうか。悪いのはあくまで犯罪行為を行った人間?組織であり安田氏をはじめとした上記のような「被害者」に落ち度はあるのでしょうか。彼らは犯罪に巻き込まれただけでありその正否を問うことはできません。いくら正しい行いをしていたとしても時には犯罪に巻き込まれます。ディベートが終わり、帰り道で暴漢に襲われたら「帰ろうとしていたのが悪い」となるのでしょうか。また「危険とされる地域」ですが、何を持って危険とするのですか?安田氏の取材によれば「現地にはフェミニストの若い女性や学生メディアをやっている大学生などがいる」ようですチキン国家のツイートこの地域が危険であるということは現地を取材された安田氏によれば実はそこまで危険な地域でなかったことが分かります。実際に現地に向かいその実情を報じるという意味で彼の行動は意味があったと言えます。しかしそこで不幸にも彼は拘束されてしまった。ですが先に述べたようにいかに治安のいい日本でも犯罪にあってしまう可能性はゼロではありません。不幸にも犯罪に巻き込まれたからと言ってその行動が「間違っていた」といえるのでしょうか』というように「安田氏」=「被害者」「間違っていたとすること」=「セカンドレイプ」どう考えても落ち度しかない安田氏を擁護するならこれくらいしかないでしょうね。拉致られた行動に正しかったと言う評価は難しいよ。自己責任論のバッシングが正しいのかどうなのかなら議論出来るけどね。後、ジャーナリストは戦場に行くのが正しいのか。間違ってたチームがぐうの音も出ない理論のヒントをいただきたいです。安田氏は、個人、家族、社会人、ジャーナリストという側面がある。ないと言われても困る。?個人そりゃ、無事に越したことはないだろう?家族→そりゃ、無事に帰ってきてほしいだろう?社会人→国際的、国内的、政治的にあまりにも動いた人が多すぎる。役人だけでも相当動いている。役人は使った電気、電話1本、シャープペの芯まで税金だ。身代金はないみたいだがね。氏の事件は???国民の税金を私的仕事に使った側面もある。当時のウマル発言は脅されて事実でないことを言ったようだが、事実でないことを言わなければならない原因と影響は、氏は考えなければならない。?ジャーナリスト定期的な報道より、一発デカい報道を狙ってのことだろう。これは氏の方針なんで仕方ない。新聞か書籍かを選んでいるようなもの。<結論>※ぐうの音も出ない理論だとエキサイトして時間がなくなる可能性がある※全体を俯瞰でみれていて分析してます感を出せないとアウト4観点中、ポジ3、ネガ1。75%の正しさと25%の間違いを同時にもつ。人間は社会という場でつながりがあるのだから、普通は社会人という見方になり私は正しかったチームのキミがピンチ。だが社会人として個人をどうしたいか?社会人として家族をどうあってほしい?にスゲかえろ。ヒューマニストに訴える。<現実>氏がジャーナリストというには事件で出版物がなく、事実ではないウマル発言をしていて、ユーザーはそれが真実か見極める手間がかかり、労力、負担になる。そのユーザー労力、負担を超える出版物が将来でるのだろう。???という希望にしかならない。さらに国を巻き込んで国税を使って、私的出版だったら国民は激怒するだろうし、国民は激怒は仕方ないと思うだろう。現時点で出版物がないことは氏にとって痛手だ。社会人としては違法もしているしダメダメだ。ディベートは中身よりも筋が通ってるかですよ。否定派の主張を想定しましょう。その一つ一つを論破するようにシナリオを書けば大丈夫です。相手の芽をつぶすことです。健闘を祈ります。アイデアとしては綺麗事でまとめることかな。民主主義にとって自由に機能するジャーナリズムは欠かせない要素。仮に役に立たないジャーナリストであったとしてもその行動は行動自体に価値がある、とか何とか。ディベートをするほどの内容ではありません。自由な行動には責任が伴います。その責任とは彼個人に対する結果の責任です。3年間拘束されたのも 万が一殺害されたとしても その結果の責任は彼本人にしかありません。一方 犯罪の被害者でも有り 犯罪を犯した責任はテロリストにしかありません。残念ながら テロリストに犯罪の責任を果たしてもらう手段は彼にも日本政府にもないので その責任は追及できません。国は邦人を助ける義務が有ります。その義務を果たす為にあらゆる方法を考え行動します???これは義務です。合法 非合法例えば身代金を含め検討し助け出そうと努力します。それは義務です。責任が誰に有るのかなんて関係ありません。義務を果たそうと税も人も使います。山や海で誰かが遭難しても その責任は本人に有る訳ですが 助ける努力をするのは国の義務です。これでおしまいです。彼に残された責任とは 謝罪と説明でした それはこの前の記者会見で行ったと言う事でしょう。その会見をどの様に感じたかは 聞く人により違います。負け戦ですので、どうしようもないですね。シリアの現状を実際に調べてもこれくらいしか、日本国内では情報が集まらなかった。とか示せたらいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です