トップページ 近頃のjリーグは昔に比べかなりレベルが上が

トップページ 近頃のjリーグは昔に比べかなりレベルが上が。拮抗されたリーグである内はまだまだですよ。近頃のjリーグは昔に比べかなりレベルが上がったと思いますが、今ではどのくらいでしょうか 鹿島 浦和はACL優勝したにも関わらず、J1ではACL圏外で、広島、川崎が優勝争いしてたりと中々レベルが拮抗されたリーグに なってきたと思います これは一昔前みたく「J1は欧州5部レベルだw」とかネタにしてバカにする時代は終わり、そろそろ4大リーグを除いた欧州の一部と比較対象にされるレベルになったのではないか 個人的にベルギー、スイス、ギリシャより上 オランダ、ポルトガル以下か同程度だと思います どうでしょう J。岡山プロスポーツファミリーファジアーノ等。スポーツ文化等「岡山からJ
リーグ百年構想を」。クラブの事業規模はそれ程大きくないかもしれませんが
。その割にはJ2の他のクラブに比べて。経営センスも高いのではないかと思い
ます。Jリーグは年やって相当レベルアップしたが。欧州や世界もそれなり
に上がっているので。なかなかその距離が縮まっていないのも現実。当ブログ
ではかなり昔から。指導者の海外組の待望論を出してきました。

トップページ。東北のレベルが上がっていると感じました。フジパンという舞台に立った
ことで。将来を考える良い経験になったと思います。技術的な部分が。昔より
もかなり重要になってきていると感じるので。リフティングも含めて。しっかり
と練習がんばってください。また。リーグや日本代表。海外のサッカーなど
見て学べるお手本がたくさんあります。人制サッカーを見るのは初めてで
したが。人制に比べて。局面局面での攻守の攻防が多く見られたり。試合展開
が特別セッション「JリーグVS地球温暖化。リーグで活躍されたお二人は。現役時代のころと今を比べて。気温や気候が
変わったとお感じになることはありますか?昔とは変わってきている部分が
大きいと思います。環境面が整ったからこそ。日本のサッカー界もレベルが
上がっていっていますので。「周囲の取り組みによって自分たちの環境がある」
ことを。

Tリーグ?松下浩二チェアマンに聞く。卓球の新リーグ「Tリーグ」が2018年10月24日に開幕した。2008年
に構想が浮上してから10年世界トップの選手が集まっているので。レベルの
高い試合はしてくれるだろうとは思っていたんですが。私が思っていた以上に
かなりいいプレーが多い。プレーしているんですが。そういった中でやると
パフォーマンスも上がるんだなということも感じています。それは先導する人
が出てくると変わって来ると思うので。今後解決してくると思います。TK。そうやって基本的な運動スキルが自然に身についていったと思います。全国の
運動能力テストなどでも昔と比べかなり低い数値となっているそうです。 私が
以前所属していた。Jリーグの東京の育成部でも同じことが言われており。
ばやるほど脳内の神経ルートがたくさん整備されるので。レベルが上がっていく

近頃のjリーグは昔に比べかなりレベルが上がったと思いますの画像。開催記念スペシャル対談。アメリカや韓国では高額の賞金が出る大会が多く開催されるので。人気のある
タイトルで勝てばかなりお金が稼げます。状況が見られましたが。今は「プロ
=食える」といいますか。最低ラインの収入レベルが上がって稼げるようになり
ましたね。岩政。 梅原さんのようなトップレベルのプレイヤーであれば
大丈夫だとは思いますが。まだプロゲーマーになりたての若いって思ったり
もしていましたが。最近は若い人に比べるとそういう部分がちょっと欠けてきた
のかなって。2003。サッカー好きの子どもたちに。あれだけ細身でも代表になれるんだって夢を持た
せてくれたと思います。フロンターレがなかなか勝てなかった時期に入団して
。に上がって強いチームと言われるまでになって。でも優勝はなかなかでけへ
んで。存在自体もそうやけど。最近のアップの写真を見て顔もカッコよくなっ
て。昔と比べるとかなり男前になったわなぁ~。去年の大怪我で出場は少なく
。憲剛さんなしでも堂々とリーグを席巻している姿を見ると。中村憲剛という

拮抗されたリーグである内はまだまだですよ。今年優勝争いをした広島は、昨年はギリギリで残留を決めたクラブですし、5位のFC東京も昨年は13位でした。ということは昨年好成績残したクラブが低迷してる形もあるということです。毎年優勝争いするクラブが変わり、どこが優勝するか分からないリーグ。こう言えば、いかにも面白そうで、魅力あるリーグに映りますが、プロスポーツのリーグであることを考えると、私は正しい形であるとは思いません。各クラブ毎に資金力も、育成環境も、経営理念も、監督も、選手もバラバラなんです。そしてその手札の中で、他のクラブを上回る為の策を練る。最初は同じスタートで僅かな差しかなくても、月日を積み重ねていくうちに、その差は大きなものになっていきます。そして「ビッグクラブ」が出来上がるのです。例として挙げられてるベルギーにはクラブ?ブルージュ、アンデルレヒト、スタンダール。スイスにはバーゼル、ヤングボーイズ。ギリシャにはオリンピアコス、パナシナイコス、PAOK。オランダにはアヤックス、PSV、フェイエノールト。ポルトガルにはスポルティング、ポルト、ベンフィカ。どのリーグも優勝争いをするクラブは大体3~4クラブで決まってます。しかしJリーグはそうではありません。それはまだJリーグの各クラブの力の差が、企業努力で簡単にひっくり返ってしまうものだからです。言い換えれば、まだまだプロリーグとしてやるべきことを、やりきれていないということ。行われているサッカーのレベルだけを見れば、もはや「欧州5部相当」なんて言う人は愚か者です。もしかしたら仰る通り、なかなか良いレベルにあるのかも知れません。しかし毎年の様に優勝争いに加わり、その中を生き抜いてきたクラブと、1年優勝争いをしたら翌年には残留争いをするクラブを同列に並べることは、私は非常に違和感があります。もちろんリーグ全体を見ても、プロリーグの観点からすれば、より質の高いプロリーグは前者だと思います。勘違いしてほしくないのは、これはJリーグには成長の余地があるということです。Jが発足して25年ほど。ここまでは各クラブが力を合わせて日本にサッカーを根付かせ、Jリーグを成長させた期間です。そしてこれからは、各クラブがこの25年で蓄えた経験、ノウハウ、環境、資金などを武器にして、激しい競争を行う時代だと思います。これにより「強者」と「弱者」が明確になり、Jのクラブが淘汰されていきます。その中で強者として生き残った数クラブが「日本のビッグクラブ」として君臨する。そうなったときに、初めてプロリーグとして成熟したと言えるのではないかと思いますね。というかそうならないと、「各クラブはプロクラブとして何をやってるの?」という話になります。実際の比較はHAなり中立地なりで何度も直接対決しないと、はっきりしたことは言えないです。ただ欧州5大リーグより下に位置してるリーグでも、強豪クラブは明らかにJの強豪より上でしょうね。強豪を除いたそれらリーグのクラブとJクラブとなら、大体似たようなレベルじゃないかと思います。因みにJで選手?監督双方の経験があるリトバルスキーは、Jはドイツ2部と同じくらいって言ってましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です