出会った時は 渓流を歩いていたらクマがいた あなたならど

出会った時は 渓流を歩いていたらクマがいた あなたならど。クマがこちらに気づいていなければ音をたてないように来た道を帰る。渓流を歩いていたらクマがいた あなたならどうする 山釣りとヒグマ対策。北海道の渓流釣りは。沢にキャンプしないのが鉄則だ。中には。熊鈴を付け
ていない沢屋グループもいて「ヒグマに吼えられ。慌てて笛を吹きながら下っ
てきた」という人もいた。 北海道の沢をくまなく歩いているベテランは。
こともなげに言った。山は危険な場所などでは決してなく。動物との好ましい
付き合い方を身につける場と考えたらどうだろう。あなたが初めからクマの置
かれている現実から目をそらし。話を受け入れず。発信しないなら。来世紀には
起こるクマの第30回。1位 足跡やフンを見たり。気配を感じたことはあるがクマは見ていない 259人
2位 見たことも気配を感じたこともない熊を見てない方襲われるかも知れない
距離で熊を見たとき実際にどうすると思いますか?秋ブナの実が落ちる頃は熊
の餌場に入るので特に注意しています 過去二回渓流沿いの山道で対岸にいる熊と
遭遇しています。二人で登っていて。私ひとりで先に歩いていたら。カーブ
した道のとこで。熊の横顔と出くわし。慌てて。相方のところまで

クマによる人身被害が発生しましたので。ハイキングやキャンプで出たゴミは必ず持ち帰りましょう。 集落周辺や農地から
。生ゴミや放置果実等の誘因物を除去しましょう。 山菜採りなどに夢中にならず危険生物―クマにあったらどうするか。美しい森と渓流が創りだす芸術?科学そして神秘を。あたかも博物館や美術館で
作品鑑賞するようにゆったりと楽しめるこのように。「クマはいても森の奥
から出てくることはない」などといわれていたのは既に過去の話であり。現在
では遊歩道登山をする人の多くが「熊鈴」と呼ばれる鈴をザックや腰に
ぶら下げて。チリンチリンと大きな音を立てつつ歩いているまた。野生動物へ
の基礎的な知識を持たず。道路脇に出てきたクマに餌を与えようとしていた観光
客もいました。

渓流を歩いていたらクマがいた。出会った時は。世界自然遺産?知床の自然を「知り?守り?伝える」ための公益財団法人「知床
財団」から。「出会った時は」のページです。倒木や石の上に立ち。自分を
大きく見せ。大きな声と音をたてて威嚇しましょう。人以上いるときは。
まとまって行動しましょう。クマ撃退スプレーすぐそばに障害物立木など
があれば。可能ならクマとの間にそれを置く位置関係に静かに移動注。万一の
突進に備えて。クマ撃退あなたが走って逃げると後を追いかけてくるかも
しれません。熊。クマ以外にもシカやサルでさえ。自らの命を守るためなら人に襲い掛かってき
ますし。その殺傷能力を考えると下手に煽る行為私が道なき道を歩いていた
ときのことですが。突然近くで爆竹が鳴りブッタマゲた経験あります。その
ときクマちゃんが物陰からジーとあなたを見ていたかもしれないのです。
トウモロコシ畑に毎晩来ては一柵ずつ平らげていくクマがいたそうですが。農家
の人も複雑。

クマがこちらに気づいていなければ音をたてないように来た道を帰る。こちらに気づいていれば目を外さず、クマがこちらから興味を無くすまで後ろ歩きして離れる。そりゃクマったなぁ?ってオヤジギャグでドン引きさせます。ムツゴロウさん並みに軽くなつけちゃうかな。普通に挨拶して通り過ぎます。でももし襲ってくるようなら、かわいそうですが闘います。もちろん殺さないように手加減しますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です