医師との相性が悪い セカンドオピニオンや病院を変えること

医師との相性が悪い セカンドオピニオンや病院を変えること。こんばんは。セカンドオピニオンや病院を変えることについて

子供のことで今日受診しました
その病院には医師は二人いますが、今日は運悪くあまり評判の良くない方の医師に当たりました
緊急だった のと、大きな病院は休みだったので仕方なくでしたが、評判どおり最初から態度が悪く嫌な気分でした
「子供がいままで訴えたことのない痛みを訴える 朝夜は特にひどい」と言ってるのに「大したことないでしょ 大げさだなぁ」と何度も言われました

結局、レントゲンの結果は骨折だったのですが、そのままコルセットやギプスもなく「しばらく電気治療に通ってください 体操は別にかまわないけど痛みがある時は止めといたら良い 」と言われました

成長期ですしちゃんと治癒しないと心配なのですが、最初に「大げさだ」と頭から否定的だった医師の態度から信頼感が持てず、ギプスもなく体操もかまわないと言っている事がどうにも信じられないでいます

そのタイプの骨折は安静が大切と後から調べたネットには書いてあったので余計に心配しています

こう言う場合、最初から病院を変えて受診し直したりするのはタブーでしょうか
セカンドオピニオンをしようと思ったら、必ずどちらの医師にも伝えなくてはなりませんか
あまり今日の医師とはもう話したくないのが本音です

アドバイス宜しくお願いいたします セカンドオピニオン外来。患者さんのお話や主治医からの資料の範囲内で判断し。診察や新たな検査?治療
は行いません。また。セカンドオピニオン外来では。当院への転院をお勧めする
ことはありません。 セカンドオピニオンの結果については。主治医の先生にもご

セカンドオピニオンとは。⑧- 治療する病院?医師を決定する セカンドオピニオンの医師の治療法に変える
ことを決定したならば。その旨をセカンドオピニオンの医師に伝えます。初めにかかっていた病院から転院することに悩んだが。この仕組みを使うと。病院を変えないで。担当医以外の医師から病気の状況や
治療法に関する意見を聞くことができます。 セカンドオピニオンを受けるために
は。担当医に「セカンドオピニオンを受けたい」ということをはっきり伝えます
。オピニオンはあくまで現状の見立てと将来の治療にかかわる相談をする場で
あって。現在の担当医の実力や過去の治療について判断する場ではありません。セカンドオピニオンを希望すると主治医は怒る。セカンドオピニオン第の意見とはその言葉通り。治療方針について主治医と
は別の医師の意見を聞くことですが。決して病院や医師を変えることを前提に
行うものありません。主治医の治療方針も理解しつつ。「他の

医師との相性が悪い。病院に一定期間通っているうちに。担当の医師との相性が悪くて悩んだ。という
経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?別の病院に行きたい」
と直接言うのは抵抗があるかもしれませんが。転居や。子供の送り迎えの都合。
交通手段の変更。これについては私のブログの「病院を変える時転院時や
セカンドオピニオン外来時の注意点と準備すべきこと」という記事でセカンドオピニオンについて。セカンドオピニオンとは。当院の専門医が受療者かかりつけの病院等からの診療
情報提供書紹介状や検査データ及び画像データ基に。病気の診断や今後の
治療法などについて意見を述べることです。 専門医は意見を述べることに福岡
市立こども病院 地域医療連携室〒- 福岡市東区香椎照葉丁目番号電話
番号。– 番号。–直通 受付時間。月曜日~
金曜日

セカンドオピニオンについて。医師をかえる」ことではなく。主治医との良好な関係を保ちながら。他の医師に
意見を聞くことがセカンドオピニオンです。当院のセカンドオピニオン外来は
。他院における診断や治療内容について。私どもの意見をお伝えし。今後の治療
主治医もしくは担当者から中津病院の地域連携センターにFAXにてお申込み
下さい。生活福祉相談室?入退院支援室こどもの福祉相談について高額
医療費制度について無料低額診療事業高齢者施設等紹介社福減免の対象の方
へセカンドオピニオン外来。セカンドオピニオンは。病気の診断や治療方法について。現在治療を受けている
医療機関の主治医以外の専門医師に意見を聞き。患者さん自らがより良い治療
方法を選択できるようにしていくために行われるものです。 また。セカンド

知っておきたいセカンドオピニオンの活用と主治医へ伝える。セカンドオピニオンとは。納得のいく治療方法を選ぶために。主治医とは別の
医師に「第の意見」を求めることです。患者さん自身が。納得のいく治療法
をえらべるようになることが目的で。主治医を変えるためのものではありません
。 また。「転院」ともよく間違えられやすいのですが。これは。病院の設備
に関する不足や立地などの条件。医師との相性。特別な治療たとえば。高血圧
症や椎間板ヘルニア。糖尿病。脳梗塞などの病気の治療についても相談して
かまいません。セカンドオピニオンの基礎知識。をご紹介。セカンドオピニオンをとると主治医との関係が悪くなるのでは。
といった誤解についても解説します。医師や病院によって。提供できる医療
内容に限界がある場合もあります。また。患者セカンドオピニオンを受けた
のち。結果的に別の医師が提供する治療を受けるために医師を変えることは
あります。

こんばんは。病院選びはとても大切な事ですが、状況によってはそうは行かない事もありますよね。骨折は場所によってはギブスも出来ずに、自然治癒を待つ場合もありますが、医者の判断に不安を感じられるお気持ち、書かれた内容を拝見するとお察しします。まず、病院を変えての再検査は何の問題もありません。骨折に限らず、怪我はきちんと直さなと『尾を引く』など、後々厄介な事になる場合もありますので、治療に不安があるならセカンドオピニオンは大切だと思います。初回の病院では特別治療されていない様ですので、次の病院で初回に受診した状況を説明しなくても大丈夫ですが、報告した方が良い内容がある場合もありますので話の流れで必要と感じられましたら判断されて下さい。ですが、悪口にならないように気を付けられて下さい。医者同士は、かばい合いますので診察?治療がやり難くなり可能性があります。それと、紹介状が有ってカルテを持って行ける訳ではないので初回状況を話しても『レントゲン』等の検査はまた行わなければいけなくなります。最初の病院で薬を処方させていましたらその事は忘れずに伝えて下さい。治療法が変わって薬が変われば相性が重要になります。お薬手帳を持って行かれたら安心です。それと、次の病院で治療する事が決まっても最初の病院には何も連絡しなくて大丈夫です。来ないからと連絡を入れる病院はそうそう在りませんので。どうぞお大事にされて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です