政府支援も受け オール電化住宅やEVの普及が進んでいて特

政府支援も受け オール電化住宅やEVの普及が進んでいて特。だから、日本では原子力発電にシフトしているかと思います。オール電化住宅やEVの普及が進んでいて、特にEVに関しては各社がガソリンやディーゼルエンジンから電気自動車へと舵を大きく切り始めているようですが、 こういった流れは環境への配慮という観点で見たときにどれほど効果があるのでしょうか

オール電化住宅やEVを導入することで、ユーザー個人では化石燃料を燃やして生活する事が少なくなるかもしれませんが、例えば完全にソーラーパネルのような自然エネルギーで発電していない限り、その住宅の電力やEVの充電のためには、発電所からの電力供給に頼らなくてはいけませんよね

個人で灯油タンクやガソリンスタンドを利用する事が無くなっただけで、発電所が化石燃料をどんどん燃やして発電している現在の日本のような事情では、トータルで二酸化炭素などの排出量は殆ど同じになってしまうような気がするのですが、どうなのでしょうか 三菱電機。太陽光発電でつくった電気を/の蓄電池にためたり。エコキュートにお湯
としてためておき。家庭でを活用してかしこく使うといった考え方だ。
以前に住んでいた家でかかっていた電気代?ガス代?灯油代は。オール電化を
採用したことで電気代に一本化されました。を に繋いでおけば
。が判断して充電しておいてくれます」と。ご主人も満足そう。先日
停電したときは。特に難しい操作をしなくてもからの給電モードになりました

政府支援も受け。ハンガリーでは。電気自動車普及に向けて。補助金の導入や充電施設の
増設など。政府が施策を講じている。本稿では。ハンガリーの自動車。特に
産業と市場について。政府の関連施策やハンガリーへの各国企業の進出状況など
もハンガリーでは。増加に伴い。充電インフラの整備も進んでいる図
参照。そのことからも。今後。自動運転やを含め自動車関連の新たな
ビジネスで。中?東欧地域の研究開発拠点となることも期待できる。家庭向け電力供給サービスで日産自動車と協業。家庭向け電力供給サービスで日産自動車と協業 ユーザー向けの特典で。利便性
の高い充電の普及を後押しで受けられるガソリン車ユーザー向けの特典に
加え。ユーザー向けの特典や。オール電化向けの電力プランを今回。日産
自動車との協業により。同社の国内販売会社において。をご購入のお客様に。
購入後の充電コストについても?「プラン」 。従量電灯ご契約のお客様向け;
?「オール電化プラン」 。オール電化住宅にお住まいの方向け※

結局電気自動車にすると自宅の電気代が上がるからガソリン代より。電気自動車やプラグインハイブリッド車は自宅または職場
などの常置場所で充電するのが一般的です。自宅充電設備自宅がオール電化の
深夜電力やソーラー発電の家は格安の電気代で運用できます。オール電化やタワマンを見れば分かる。しかしリアルな現実。そして近い将来の実現性について情報をキチンと分析した
上で議論をすべき時だ。オール電化やタワマンを見れば分かる 一辺倒に
傾くことの愚かさとリスク。高根英幸 「クルマのミライ」/ ページの
平均燃費を規制する法律をクリアするための導入から。さらに進んだ電動化
への具体策が求められているからだ。それに対し日本でも。日産や三菱に続い
て。ホンダ。トヨタ。マツダがを出しているが。それらは販売目標も

だから、日本では原子力発電にシフトしているかと思います。トータルで二酸化炭素などの排出量は殆ど同じになってしまうような気がするのですが、どうなのでしょうか? ==発電所だと二酸化炭素の回収は効率が良いはず、、、、火力発電のほうが自動車エンジンより熱効率がいいCO2が少ないしそもそもCO2をほとんど出さないかカーボンニュートラルな再エネや原子力にしてゆけばよいということですが「CO2を減らすにはどうすべきか」という命題の解決を考えるなら「自動車電化して火力発電比率を下げる」というのが正解でEVやPHVを開発する資金力のないメーカーや水素FCVに必死のメーカーが「EVやPHVだって火力電力だったらCO2 削減に意味ないじゃん」とネット宣伝してても「EVやPHVを貶めてみても CO2削減という 問題の解決法になってないじゃん」「問題はEVやPHVじゃなく 電力会社が火力の稼働率を上げるため 送電線が満杯とうそついて 再エネ接続拒否しているのが問題なだけじゃん」と批判すれば 良いだけの話でそんな大衆操作ポジショントークを真に受ける必要性はありません欧州には再エネ53% 原子力22%火力25%まで 火力を削減できていて電気料金が日本と変わらない国もあるのですガソリン自動車の効率は20%ほどです。火力発電所の効率は60%を超えています。火力発電所からの電気でEVを動かしたとしても、CO2排出量はずいぶん減ります。 EVへの充電は「電気が余っている時間」に行うことが出来れば、現在の発電設備の容量で十分間に合います。特に、太陽光発電などの電気が「余る」時間帯が利用できれば、とても経済的になります。既存電力会社と完全に絶縁した私から言わせると、再生可能エネルギー100%でオール電化をしておりますし、自家用車はトヨタのMIRAIと言う燃料電池車水素自動車を利用しており、一切化石燃料を我が家や我が社は使っていないと断言して置きます。たとえ、EVであっても既存電力会社の電気を使う人も居るだろうけれど、原発の存置は許される筈は無く、化石燃料でもシェールガス等の『非在来型天然ガス』由来の電力はクリーンエネルギーと言えるのであり、高くて危険でクリーンでは無い原発や石炭?石油火力を無くしていけば良いだけであります。 CO2フリー電力をEVに供給、中部電力?トヨタらが充電サービスを実証中部電力とトヨタらが、化石燃料を一切使っていない再生可能エネルギー発電電力だけの『充電スポット』の実証を始めており、CO2フリーによるEVの時代に入って行くし、燃料電池車はCO2フリーなので何らの批判も受ける謂れは無いのであります。車と比べれば火力発電所の熱効率は60%以上車の軽く3倍です。つまり全ての電力を火力発電所で造ったとしても、二酸化炭素の排出量は1/3以下に成る。また2017年時点で太陽光発電の申請が、原子力発電所十数機分に達しており、受付は抑制方向です。電気自動車が普及すればこの電池を使い、スマートグリッドで益々太陽光発電を有効利用出来る。こちらは一切二酸化炭素を出さない。この様に電気自動車は人間の為の環境に、極めて有用です。これに比べたら今の自動車は、公害撒き散らし装置です。EVについては、いまはそこそこ距離を乗る人しかCO2排出量は減りません。しかしながら、今後電源構成の非化石比率がアップしてきますので、排出量もへります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です