正規逆輸入品 以下の東京新聞政治面の記事を読んで下の質問

正規逆輸入品 以下の東京新聞政治面の記事を読んで下の質問。①。以下の東京新聞政治面の記事を読んで、下の質問にお答え下さい https://www tokyo np co jp/article/politics/list/201907/CK2019070302000169 html (東京新聞政治面 <参院選>争点(4)原発?エネルギー 推進かゼロ目標か)

『 「原発は、人権をないがしろにしないと成り立たないものということが、被害者になってよく分かった」
東京電力福島第一原発事故後、福島から東京へ避難した鴨下祐也さん(50)は、そう声を絞り出した
二〇一一年三月十二日未明、福島県いわき市の自宅を離れた 避難所や親族宅など四カ所を転々とし、ようやく都内の国家公務員宿舎に入居できた 今も妻と息子二人の四人で暮らす
勤め先の福島工業高専(いわき市)の再開に伴い、いったんは一人で戻った だが、放射能汚染の危険性を訴える鴨下さんのような教員は孤立し、次々と退職 鴨下さんも一二年十月に辞めた 大学の非常勤講師を務めながら、なんとか生計を立てている
国はいわき市には避難指示を出さず、一家は「自主避難者」とされた 避難所では、避難指示が出た区域の避難者からは「けぇれ(帰れ) 」と怒鳴られたこともあった
自主避難者へのほぼ唯一の公的支援だった災害救助法に基づく住宅提供は一七年三月に打ち切りに 早期の退去を求める文書が配達証明で定期的に届く 鴨下さんは「放射能汚染が残っている以上、自宅には戻れない」と打ち切りの見直しを求めている
本社加盟の日本世論調査会が二月に行った全国面接世論調査では、福島のような深刻な事故が起こる可能性について85?7%が「心配が残る」と回答した
安倍政権は海外で原発を新設する「原発輸出」を成長戦略の柱に位置付けてきた 米国、ベトナム、英国などで次々と新設計画は頓挫したが、世耕弘成経済産業相は原発輸出を進める方針に「変更はない」としている 国内でも、福島事故後に設けられた新規制基準に適合し、再稼働したのは計九基 鴨下さんは「福島の廃炉も賠償も終わらないのに、再び原発を動かすなんてありえない」と憤る
昨年七月に閣議決定したエネルギー基本計画は「再エネの主力電源化」をうたった だが、三〇年度の数値目標は従来の22~24%に据え置き 原発比率も20~22%と肩を並べ、再エネ普及への本気度は乏しい
政府は本年度予算で、新原子炉の技術開発の補助金に六?五億円を充てた これまで「原発の新増設は国内では必要ない」と説明してきたが、将来の新増設に向け、「原子力ムラ」が実質的に準備を始めた形だ
五月現在、福島県から県外への避難者は全国で三万人超 鴨下さんには、来年の東京五輪?パラリンピックが「復興五輪」と位置付けられることに「見せかけの復興をアピールされても」とむなしさを感じる
原発を維持?推進するのか、ゼロへとかじを切るのか 参院選では福島の教訓を踏まえたエネルギーの将来像が問われている (伊藤弘喜)=おわり』

① 『原発は、人権をないがしろにしないと成り立たないものということが、被害者になってよく分かった』との発言は、原発が日本国憲法に違反している証拠ではないでしょうか

② 『鴨下さんは「放射能汚染が残っている以上、自宅には戻れない」と打ち切りの見直しを求め』ている事は、当然の思考回路ですよね

③ 『全国面接世論調査では、福島のような深刻な事故が起こる可能性について85?7%が「心配が残る」と回答』とは、10人の内の9人近くが深刻な事故が起こる心配を持っているんですか

④ 『安倍政権は海外で原発を新設する「原発輸出」を成長戦略の柱に位置付けてきた 米国、ベトナム、英国などで次々と新設計画は頓挫』したのに、世耕弘成経産相は『変更なし』としているのは、本当に原発輸出を続ける経済効果がいまだに有ると考えているのでしょうか

⑤ 『鴨下さんは「福島の廃炉も賠償も終わらないのに、再び原発を動かすなんてありえない」と憤る 』のは、当然ですよね

⑥ 『三〇年度の数値目標は従来の22~24%に据え置き 原発比率も20~22%と肩を並べ、再エネ普及への本気度は乏しい 』のも、事実ですよね

⑦ 『政府は本年度予算で、新原子炉の技術開発の補助金に六?五億円を充てた これまで「原発の新増設は国内では必要ない」と説明してきたが、将来の新増設に向け、「原子力ムラ」が実質的に準備を始めた形』とは、血税を無駄遣いされている事に腹立たしさは有りませんか 正規逆輸入品。森友事件における公用文書等毀棄。虚偽有印公文書作成及び行使等を審査した
検察審査会の文書開示が。まともな法治国家とは思えない。あまりに酷い東京
新聞の記事を受けまして。東京弁護士会に三度目の質問状を出させて頂きました

レファレンス協同データベース。回答 以下の資料を提供した。 ①『中国回答 質問のヘレン?ケラーの言葉
について。昭和23年9月3日にヘレン?ケラーが来日した回答 夏目漱石が
徳田秋聲を「あきしょう」と呼んでいたという記述は見られなかった。記事
最後 神戸図-神戸市立中央図書館質問
フルシチョフ旧ソ連政治家 。フビライ モンゴルのハン。質問
2010年の東京新聞にアラビア語の学校を経営する人の話が載った記事があっ
たが。そ中日新聞。新聞を読んでいると「読者の声」のような投稿がありますが。各新聞社揃って
掲載分には「薄謝を進呈いたします」と書いてあります。この。不埒な社は。
朝日新聞です 質問者様が常連となっている新聞の広告料金を調べてみて。仮に
50万円に相当するとフォームに入力した時点では謝礼とかは全然期待してい
なかったのですが。その一文を見て「何が貰えるのかな~?ひろば 論評?発言
朝刊?火―土曜日掲載 東京新聞中日新聞 ゲンダイ 時事通信 共同通信
講談社

朝日新聞世論調査―質問と回答〈5月23。小数点以下は四捨五入。◇は全員への質問。丸カッコ内の数字は。月。
日の調査結果◇今の政治などについてうかがいます。東京高検の黒川検事長
が。かけマージャンをしていたことを認め。辞任しました。東京新聞電子版『学割プラン』のご案内。東京新聞電子版の学割プラン。全国どこでも海外でも。確かな情報をスマホ?
タブレット?にお届け。バックナンバー。過去記事検索。スクラップ帳など
充実機能が就活にも役立つ。初月無料。環境のことや政治。経済のこと。知ら
ない以下の東京新聞政治面の記事を読んで。以下の東京新聞政治面の記事を読んで。下の質問にお答え下さい。//
-///// 東京新聞

以下の東京新聞政治面の記事を読んで下の質問にお答え下さの画像。東京新聞。東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏?関東地方のニュースと生活情報を中心
に。様々な地域情報を提供します

① 原発の存在そのモノが日本国憲法第25条生存権規定に違反しており、憲法に違反する法令等の無効は日本国憲法第96条憲法の最高法規性からも明白であります。なお、日本国憲法第9条平和主義にも違反しており、日本国憲法第13条基本的人権の尊重にも違反しており、原子力関連法は全てが無効なモノであります。従って、原発が日本国憲法に違反している証拠が、避難者の発言でよく裏付けられていると思うのであります。② 鴨下氏の『放射能汚染が残っている以上、自宅には戻れない』と、『災害救助法に基づく住宅提供』を打ち切りの見直しを求めている事は、至極当然の思考回路と言えるのであります。③ 『全国面接世論調査』によると、福島第一原子力発電所事故の様な重大過酷事故が起きる可能性について、85.7%が『心配が残る』との回答は、100人中86人弱が斯様な深刻な事故が起きる心配を持っていると言う事であります。④ 世耕弘成経済産業大臣は原発輸出路線に『変更なし』としているのは、イギリスやアメリカ等の先進国でさえも『採算性?経済性』が無い事で輸入を断っており、発展途上国に売る事を考えているのであろうと考えられるのであります。しかしながら、余計に経済性を重視する為に、日本国の原発輸出には何等の経済効果が無いのにも拘らず、それを気付かない程のバカでは無いと思うのであり、いい加減に負けを認めて原発輸出と言う『死の商人』を御止めなさい、と言いたいモノであります。⑤ 鴨下氏の『福島の廃炉も賠償も終わらないのに、再び原発を動かすなんて有り得ない』と憤るのは、当然のことであり、国民が間抜けでいる間に安倍自公連立政権は遣りたい放題の悪政を尽くしているのであります。⑥ 世界の潮流は再生可能エネルギー比率50%を2030年までに、2050年までには100%を目指す事であり、22?24%は余りにも低い目標であり、原発比率を20?22%にする事も不可能であり、再生可能エネルギー普及の本気度は極めて乏しいのが現状であります。⑦ 安倍自公連立政権は、本年度予算で、新原子炉の技術開発の補助金に6.5億円もの国民の血税を無駄遣いするのであり、これまでの『原発の新?増設は国内では必要ない』との説明を無視して、将来の新?増設に向けて、『原子力ムラ』が実質的に準備を始めた形とは、極めて腹立たしく遺憾千万であります。こんな状況で東京オリンピックと浮かれていたのでは、鴨下氏を含む避難者の方々に申し訳ない限りであります。これからの環境問題、石炭や天然ガスを燃やして電力を得るという事は早急にやめてもらいたいです。長い目で見てより安全な新設計の原子力発電所が安定したベース電源になるかと思います。これからの電気自動車の普及もありますし、現状では電力供給が追い付くとは思えません。また将来を見据えて、プラズマを使った核融合の発電所の研究もやってほしいですね。こちらは事故が起きれば核融合が停止されるのでより安全なものになると思います。問題は数億度の温度をどうやって閉じ込めるかですね。① 原発の「非倫理性」がそこでわかりますね。原発は人倫に反するのです。基本的人権を知っていれば「原発推進」などあり得ません。② そうなんです。放射能汚染がある家、土地には帰れません。鴨下さんの「生きる権利」の保障が必要です。③ 原発事故は現在の「人知」では排除できないことがわかったのです。いくら総理大臣が「安全」と言っても信用出来るものではありません。④ 世耕弘成経産相は原発輸出が今後も出来るとは思っていないでしょう。しかし、原発輸出を否定すると「安倍晋三に弓を引く」と思われてしまいます。 だから「変更ない」と言っているのでしょう。⑤ それが「常識的判断」です。安倍政権の「異常さ」がわかります。⑥ そうです。再エネ22~24%とは「抑制する」という感じです。原発20~22%というのは「全部再稼働させる」という数字です。 これは「エネルギー基本計画」の本分で述べた、「再エネを最大限進める」、「原発への依存度を下げる」という言葉が「ゴマカシ」である事を物語っています。⑦ 安倍政権は、トルコ、イギリス、ベトナムなど「原発輸出」で日本の原発メーカーに大損害を与えました。その穴埋めの「補助金」でしょう。公明党が「原発の新増設反対」を表明しています。まさに「税金の無駄遣い」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です