死せる愛國者たち 勢力Aが勢力Bから鹵獲した迷彩服銃器を

死せる愛國者たち 勢力Aが勢力Bから鹵獲した迷彩服銃器を。敵の服を着た場合、国際法違反であり、ジュネーブ条約とハーグ陸戦条約の戦闘員としての権利を放棄する事になり、保護されなくなります。勢力Aが、勢力Bから鹵獲した迷彩服、銃器を用いて勢力Bを撹乱する戦法についてですが、 勢力Aの中で「誰が」「どの勢力の」「どの迷彩を着て」「どの銃器を」「いつ」「どこで」「どのように」運用するか周知されていないと、同士討ちのリスクが間違いなくあると思うのです その点で、銃も装備も思い思いの統一されていない集団(民兵等)が、その戦法に似た「倒した証しに敵側の迷彩服着ちゃうぜ」をやってしまった際に、何をもって味方を瞬時に見分けるのでしょう ①味方の思い思いの装備を各々把握している ②行動様式を把握している(決めている) ③そもそも鹵獲しない ④そんなことまで気にしていない ⑤精神的な神秘の連携技術を修得している ⑥すごくルーズに着てるから違いがわかる(マーカーがある) 等、色々考えたのですが、その他考えられることはあるでしょうか 自。ミリタリー?ファッションと言うものは。もうすっかり市民権を得ていると思う
んですけれども。軍隊とファッションの関係について。迷彩柄」ですとか「
迷彩服」をどう捉えるかと言うことにもよりますけれども。「迷彩」は英語で
言うと「カモフラージュ」と言うことになります。「カモフラージュ」と言う
ことからしますと。一番最初は。カーキ色とされているんです。当時植民地
だったインドに進駐したイギリス軍が。そこの土で服を染めたのが由来とされ
ています。

死せる愛國者たち。愛称相棒/バディー/兄弟レッドから。気違い大尉。狂犬。隻眼敵対勢力から
性別男性彼は転属してからすぐに保安局特殊作戦部門の『第九作戦部隊』指揮
官となり。大日本帝国の特殊工作員として世界中を駆け回させられた。 任務では
三十年式森林迷彩色の四十年式戦闘服元々は満洲国軍がソ連との国境紛争
時に鹵獲した物。分厚い防寒着や防弾衣を貫通させる為。×トカレフ
弾の様に高度な貫徹力を持った四十三年式徹甲実包徹甲南部弾が用いられている
。勢力Aが勢力Bから鹵獲した迷彩服銃器を用いて勢力Bをの画像。ザスタヴァ通信:被服。スイス軍/モーターサイクルヘルメット※&#;回廊作戦時ユーゴ
スラヴィア人民軍鹵獲品 ?自動クロアチア系の各武装勢力において
最も普及していた野戦服は。ウッドランド迷彩戦闘服です。内戦初期。まだ
クロアチアとボスニアにおける迷彩服製造が本格化する以前には。西ドイツや
米国製の単色戦闘服も広く着用されていました。ボスニア紛争では。ロシア人
を中心とした旧ソ連出身者によるロシア義勇兵団РДОが活動していました。

大祖国戦争スターリングラード攻防戦。フィンランド冬戦争で,フィンランド軍は多数の-戦車を鹵獲,自軍の主力
戦車とした。武装親衛隊は現代にも通じる迷彩服を着用しヘルメットにも偽装
のための迷彩カバーを掛けている。大量殺戮発覚によるユダヤ人?スラブ人
などの抵抗勢力の増大 したがって,以上の障害を克服できる条件が整うまで,
一時的にユダヤ人やソ連軍写真上左年夏,スターリングラードに進撃
する途上,炎上する建物。ドイツ軍集団第六軍は,カラーチでドン川を渡河し,
ボルガ川

敵の服を着た場合、国際法違反であり、ジュネーブ条約とハーグ陸戦条約の戦闘員としての権利を放棄する事になり、保護されなくなります。その上で、その様な卑劣な作戦を成功させる為には、当該欺騙部隊を射程に納めうる全ての近接及び火力戦闘部隊が、欺騙部隊の存在を把握している必要があります。要するに作戦として行動を組み込んでおかないと成功しません。誤射されます。単に思い付きでやれば敵からも味方からも殺される上、国際法違反なので文句も言えません。実際にドンパチしてる最中ならそんなので判断しない。勘違いされるような格好して見方の射線に躍り出るとかとち狂ってるだけです。まだ銃撃戦になる前なら、合言葉や挙動の観察で見方か敵かは判断できますし、出来ないなら兵士失格です。まず前提として理解していただきたいのですが、敵とは全く異なる装備をしていても味方撃ちのリスクは必ずあります。敵と似た服装をしていたら味方撃ちのリスクは高まるため、通常はそのような服装は避けます。ただし自身の補給能力が貧弱な場合、一国の正規軍を含め武装組織が敵の武器や被服を鹵獲して使用するのはことはあります。しかし使用の際には味方撃ちのリスクを避けるのとハーグ陸戦条約に抵触しないようにするため、明確に識別できる自軍のマークを施すのが普通です。一般的には腕章、徽章の着用であったり、ヘルメットへの塗装などです。ただこの質問で質問者が想定しているのが、わざと敵になりすましての?攪乱?だとするならば、そのような明確なマークを施していたら目的を達成出来なくなるため、そのような手段はとらないものと考えます。ではその場合どのような敵味方識別手段をとるかですが、それはまさにケースバイケースだと思われるので回答しようがありません。ちなみに2次大戦中にドイツ軍がアメリカ軍になりすまして実際に行われた?グライフ作戦?では、参加したドイツ兵はアメリカ軍の軍服にピンクか水色のスカーフを着用して、本物のアメリカ兵と区別出来るようにしていました。なお蛇足ですが敵軍の服を着て敵を装うのはハーグ陸戦条約違反ですが、敵の軍服を加工して使用明確に識別できる自軍のマークを施すなどする場合は必ずしも違反とは言えません。またとんでもない回答がありましたが、敵軍の軍服を着てハーグ陸戦条約に違反したら、処刑されても文句が言えないということはありません。そんなことで処刑してしまったら、そっちのほうがより深刻なハーグ陸戦条約違反になります。フィクションの映画の演出と現実はキチンと区別したほうがいいです。>あと、敵軍の服を着るのはハーグ陸戦条約違反で、犯罪です。>その場で処刑されても文句は言えませんこれ知らないで戦争映画見てると面白く無いのです。トブルク戦線では英軍捕虜をドイツ軍に化けたユダヤ人が移送します。英軍は英軍の制服着てるからセーフバルジ大作戦では、米軍に化けたドイツ兵がヒトラーの悪口を言います。「彼らは帰って来たら反逆者で死刑、掴まればスパイでこれも死刑」と言う台詞が有りましたね。例えどんな戦闘服を着ていようと、誤射や誤爆を防ぐために司令部から味方の位置は常に伝えられます。あと、敵軍の服を着るのはハーグ陸戦条約違反で、犯罪です。その場で処刑されても文句は言えません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です