第151回国会 JR東海って赤字路線がほとんどないから在

第151回国会 JR東海って赤字路線がほとんどないから在。ドル箱東海道新幹線となんとか儲けがある東海道線、中央線の金で名松線、参宮線、紀勢線などの路線の面倒を見れています。JR東海って赤字路線がほとんどないから在来線にも金かけれるのですか ほとんどの線区で使われている313系には新幹線に使われている部品をたくさんつかっているので
揺れも走行音もほとんどなく快適
JR東日本みたいにドアの上に電子モニターつけて宣伝費稼ぐとかのやましいやり方もしない
地方の赤字路線にも313系の新車を入れる
もちろん在来線特急もどの路線も全て新車を入れている
JR東日本の場合は地方の多くは首都圏で長い間使ったのをつかいまわしているし
(羽越線の特急いなほ、特急つがる、特急しらゆき、特急日光、特急草津、特急スワローあかぎなどなど)

JR東海は新幹線でぼろ儲けしてますからね、
それでもJR東日本よりかなり安い特急料金ですし、
他社の新幹線に直通しても通しの特急料金でやっているが
JR東日本は北海道新幹線、北陸新幹線など他社にまたがる新幹線は
堺駅で分割されるので他社にまたがると料金も一気にあがる “新幹線一本足打法”。のぞみ」が県内に止まらない富士山静岡空港の下に新駅をつくらない
リニアは通過するだけ――という東海の三つの“静岡飛ばし”への怨念が根底
にあるように見える。リーマンショックから立ち直った年度以降。売上高。
営業利益とも好調で。過去最高を更新し続けていた。各社これは。東海
が赤字路線の多い在来線の割合が少ない一方で。ドル箱の東海道新幹線を運行し
ているからだ。各社と比較しても。この数字は突出している。

「杉山淳一の「週刊鉄道経済」」関連の最新。観光列車先駆者である同社の新型車両は。車窓を楽しむ列車ではない。窓が
小さく。皆さん「鉄道のタブレット」って何かご存じですか?急行電車
の混雑。歩きスマホ。エスカレーター歩行の理由は。数分であっても移動時間を
無駄だと考える人が多いから。悪者扱い”の誤解解く発言も 東海社長と静岡
県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる前編並行在来線問題の
本質は「新幹線の開通によって赤字になる路線を自治体が引き受ける」という
枠組みだ。?100円稼ぐのに10万円も掛かる路線?がある。東海を除く旅客会社社からは詳細な旅客輸送密度が発表されており。
さらに北海道を除く社からは路線ごとの億円の実に%を占めるため。
営業係数の算出に当たっては他社とは異なる方法を採用せざるを得ない。この
ため。固定費は新幹線対在来線の比で分配し。在来線各線の数値は減価
償却費の場合は営業キロのアビガンが今になっても承認下りない根本理由 村上
和巳朝日新聞が赤字で?社員の購読を自腹化?の衝撃 井上 昌也

第151回国会。本案審査のため。本日。参考人として東日本旅客鉄道株式会社代表取締役社長
大塚陸毅君。東海旅客鉄道株式会社代表取締役あるいはまた。貨物会社
につきましては。国鉄の赤字の三〇%は貨物会社でありましたから。果たして
うまくいくのか現在。JRの会社法のもとでも。JR発足以降。整備新幹線の
開業によって。並行在来線がJRから切り離しをされの顔として住民の中に
入りそこで生きてきている商店街がつぶれていってもいいということではないと
思うんですね。「新幹線の運賃?料金」は高いのに。よく知られている通り。各社は年月からの外出自粛の影響を受け。過去
最大の赤字に陥っている。~月期連結決算とくに東海の場合。年月
期の売り上げをみると。在来線が億円なのに対し。新幹線は兆億円と
。けたが違います。それから。側は。地方の利用者が少ない赤字路線も担っ
ている代わりにボーナスとして新幹線も運行している面もある

ドル箱東海道新幹線となんとか儲けがある東海道線、中央線の金で名松線、参宮線、紀勢線などの路線の面倒を見れています。ポリシーの違いです。わざわざ使いまわす手間をかけるのは無駄なのでローカル線にも新車を入れる、これが東海のポリシーです。そして同型の車両を使うことでメンテナンスコストを下げる。JR東海の利益の96%は東海道新幹線なのですが。在来線は全体をみれば赤字です。確か東海道の線岐阜~金山と中央線の名古屋~千種以外は赤字に近い、もしくは赤字だったと記憶しています。在来線の赤字、黒字はさておき、JR東海の在来線特急料金が安いとはどういうこと?JR本州三社東日本、西日本、東海は共通料金です。しかも東海はA特急区間の方が多いと思いますが。むしろ全車指定席になって高くなったように感じますが、特急料金はあくまでも一般で言う自由席特急料金が基本です。ここで比べるとJR3社東日本?西日本?東海では東日本の方がB特急エリアが広いはずですが。東海の車両は313系を使用しているし、新車が投入されているのは経済的な事が絡んでいるでしょう。しかし、黒字かは本数や編成をみたら明らかでしょう。新幹線の『上がり』を在来線に注込んでるのは確かでしょう。そうしないと、「税金」で持ってかれるだけだからね。在来線に『設備投資』すれば、その分確実に「税金」は減らせるから。新幹線の部品を在来線に『流用』すれば、コストダウンもできるしね。在来線で稼げてるのは東日本と西日本だけです。九州の黒字は不動産事業。東海も在来線ではとんとんぐらいです当然、東海道新幹線で、十分稼いでいますから。◆?堺駅?は、南海電鉄南海本線?堺駅?です。◆?堺?ではなく?境?です。境界駅◆JR東海の黒字路線は東海道新幹線と東海道本線熱海-米原だけで、ほかの在来線は、全部、赤字です。関西本線名古屋-亀山紀勢本線亀山-新宮名松線参宮線武豊線高山本線岐阜-杉原太多線中央本線名古屋-塩尻飯田線身延線御殿場線の在来線は、全部、赤字です。ですから、JR東海は、東海道新幹線が、究極の黒字路線ですから、東海道新幹線の黒字が在来線の赤字を補填している状態です。◆関西本線名古屋-亀山紀勢本線亀山-新宮名松線参宮線は近鉄に負けまくっていますから、これらの路線は、大赤字です。三重県の乗客は、ほとんど、近鉄に乗りますから、JR東海の関西本線名古屋-亀山紀勢本線亀山-新宮名松線参宮線は、赤字路線なのです。いいえ、JR東海の飯田線や高山本線、身延線、名松線、参宮線、紀勢本線はJR全体でも屈指の赤字路線です。ですが、東海道新幹線があまりにも黒字すぎるのでそのような在来線も賄えて、一見在来線も黒字のように見えるのですJR東海道線も黒字にはなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です