過去ログ2016年2月 吉祥寺駅から津田沼駅まで乗るのに

過去ログ2016年2月 吉祥寺駅から津田沼駅まで乗るのに。券売機左側の私鉄乗換または連絡会社線のボタンを押し、中野?西船橋乗り換えJR→メトロ→JRを押してから、金額ボタンを押してください。吉祥寺駅から津田沼駅まで乗るのに乗換検索したら、東西線経由の運賃がICと切符で100円以上の差があって驚きました
JR→メトロ→JR(西船橋での乗換改札)と乗り継ぐわけですが、この場合はどう やって530円分の切符を買えば良いのでしょうか 過去ログ2016年2月。東葉高速のダイヤ改正ですが。東西線の改正情報から推測したとおりでしたね。
朝の津田沼始発列車の時間。朝夕の時間帯の横須賀線直通。夕夜間の東京始発
列車乗り換え駅での乗り換え案内も「まもなく」のタイミングで行われるため
遅的に停車してますし。も中央線からの直通は国分寺に吉祥寺まで停車し「吉祥寺駅」から「津田沼駅」乗り換え案内。吉祥寺から津田沼までの乗換案内。電車を使った経路を比較。時刻。乗換回数。
所要時間。運賃?料金を案内。着 発 錦糸町 駅 時刻表ホテル 4
番線発 JR総武線快速 快速 君津行き前後の列車 駅 , 新小岩 , 市川

48ページ目JR中央?総武線の口コミ?評判?住み心地?周辺環境。中央?総武線の沿線の駅の住みやすさを把握するための周辺環境。子育て。
保育園。幼稚園。学校。病院。公園。吉祥寺駅の口コミ メリット, 総武
線快速が停まるため。東京駅まで分のアクセスのよさが魅力です。メリット,
改札を出ずともホームの真ん前から釣り堀。江戸城の堀が臨めるという珍しい
特徴を持ち。一つだけの出口メリット, ?アトレ。コラル。商店街?中央線。
総武線。東西線が通っており。総武線と東西線の始発駅で朝も座って通勤でき
ます。乗換案内。履歴 履歴はありません 到着駅 履歴 履歴はありません 経由駅 履歴 履歴は
ありません 日付 年, 年, 年 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月, 月,
月, 月, 月, 月 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日, 日

吉祥寺から津田沼までの乗換案内。吉祥寺から津田沼への乗り換え案内です。電車のほかに新幹線。飛行機。バス。
フェリーを使用するルートもご案内。運賃。定期券料金。時刻表。運行状況。
駅周辺の地図も確認できます。航空券予約。始発?終電検索も可能吉祥寺。吉祥寺から津田沼の乗換案内です。最短ルートの始発?終電?復路の検索や。
時刻表?運賃?路線図?定期代?きっぷまで情報多数。運行情報。構内路線
情報《ご注意》中央線 /ダイヤ改正 路線情報《ご注意》中央?総武線各停 /
ダイヤ改正 くもり乗換分待ち分 中野東京 番線発
分 地下鉄 地下鉄 東京メトロ東西線東葉勝田台行 駅 運賃円京成バス。東京都江戸川区?葛飾区等で路線バス?高速バス等を運行。墨田区等の
コミュニティバス。成田空港?東京ディズニーリゾート?幕張メッセ?羽田空港
?東京駅から各地への路線も充実。格安?オトクです。

保存版東京近郊で山手線まで1時間以内の当駅始発駅特集。東京区より外側で。山手線まで時間以内で行ける「当駅始発駅」を路線別に
ピックアップしました。中央総武線各駅停車西側。三鷹; – 京王
井の頭線。吉祥寺; – 都営新宿線。本八幡; – 東京メトロ有楽町線?副新宿
方面行と。東京メトロ東西線直通の種類があります。長津田駅から朝
ラッシュ時の準急で渋谷駅まで約~分ほど。線で30分 ◇周辺観光
案内◇ ホテルのあるのは由緒ある風格の馬車道沿い? 横浜に来たらまず行きたい

券売機左側の私鉄乗換または連絡会社線のボタンを押し、中野?西船橋乗り換えJR→メトロ→JRを押してから、金額ボタンを押してください。最初の方が、ICカードでも連絡改札を通れば東西線経由で計算されると回答してますが、東西線絡みの通過連絡はIC運賃では適用されません。現金運賃の場合、JR部分の運賃は中野までと西船からのキロ数を合算し、これにメトロ運賃310円を足した額になりますが、IC運賃の場合は西船橋で打ち切り計算されてしまい、通過連絡にはなりません。現金運賃だと、JR部分は吉祥寺~中野と西船橋~津田沼のキロ数を合算して算出した220円になり、これにメトロ運賃310円を足した530円が合計額。一方、IC運賃だと吉祥寺~中野と西船橋~津田沼がともに165円、これにメトロ運賃308円を足した638円となります。ちなみに10月の増税後のこの経路の運賃は、現金540円メトロ分が310円→320円に、IC650円JR165円→168円、メトロ308円→314円となります。この場合は「通過連絡」となるため、吉祥寺~中野と西船橋~津田沼のJRの営業キロを通算した運賃に、中野~西船橋の東京メトロの運賃を足し算する、ということになります。そのため、7.8+6.1=13.9kmのJRの運賃220円と、東京メトロの運賃310円の合計で、220+310=530円です。ICカードSuicaやPASMOでは、通過連絡は適用されませんから吉祥寺~中野、中野~西船橋、西船橋~津田沼それぞれの運賃が別々にかかるので、165+308+165=638円、通過連絡を適用するには、最初から連絡乗車券を買わなくてはなりません。>どうやって530円分の切符を吉祥寺駅の券売機で、「東西線経由の」津田沼までの乗車券を買えば済みます。「連絡きっぷ」のボタンを押して購入することになります。駅の券売機の画面の左側に私鉄乗り換えと書かれているところがあるはずなので、そこを押してそこから中野~西船橋が東西線経由を選べば買えるはずです。でも、西船橋乗り換えなら中間改札を通るから、ICカードでもちゃんと東西線経由で計算されるはずですが平日朝夕の津田沼行きの電車に乗った場合、中間改札を通らないため全区間JR線として計算されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です