避妊手術について 愛犬のトイプードルの避妊手術をおこない

避妊手術について 愛犬のトイプードルの避妊手術をおこない。同意書にサインしましたよね。愛犬のトイプードルの避妊手術をおこないました、全身麻酔をかけるので少し不安はありましたが、千住犬2匹も避妊手術済みであった事もあり、新しい犬も行う事に朝預けて麻酔の為の血液検査をし、手術夕方6時に迎えに 行き麻酔からも覚めかけていました 千住犬の時よりも何となくしっかりしていたように感じ無事に終わったと思って帰りました その晩愛犬も、私も寝つきが良く寝ていましたが、午前2時から両足をバタつかせ落ちつかせようとなぜていたら嘔吐 それから1時間おきに同じ症状 4度目は血液が混じっていました
一度目の症状ですぐに病院に連絡しましたが連絡がつきません、色々手を尽くし救急の病院がないか調べていたら明け方になり、朝一番で手術してもらった病院に行きました
その頃には意識がなく、生気も感じられなく、ただ荒い呼吸をするばかりで、声にも反応がありません、今は病院の集中治療室のようなところに入れられています
肝臓が小さく、低血糖症状で、麻痺が残るが、命に関わることもありますと説明されました
この流れで、何か納得できない感じでいますが、ご意見をお願いします 犬の避妊手術を解説。避妊手術は。全身麻酔をかけて行います。どんなに若くて健康な子であっても。
%安全な麻酔というのはありません。事前検査をして異常がなかったとして
も。不慮の事故が起きる可能性はあります。十分に説明を聞いて

避妊手術について。避妊手術前にお問い合わせをいただくご質問の中で。特に多くの飼い主様から
寄せられるご質問をまとめてみましたので。避妊手術についてお悩みまた全身
麻酔を伴う手術のため。高齢になるほど。手術の負担が大きくなるのは確かです
。犬。今後の病気のリスクが減る。望まない子供を妊娠させない為に避妊手術 を行い
ます。 あとワクチンペットショップで見る分には可愛いけど小学生のときの
トラウマで犬は怖いと思っていました。犬の去勢手術は。全身麻酔で行います
。去勢?避妊手術の流れ。猫ちゃんの去勢手術の場合。傷口の癒合が早いのと。陰嚢を縫うと余計気にする
ため。縫合は行っておりません。 麻酔?手術時間は犬で~分。猫で~
分です。 ?避妊手術メス

犬。あまりひどいような場合には 全身状態のチェックなどを行い 犬の避妊手術後。傷
開いてます /月にヶ月のトイプードルに避妊手術をさせました。 術後。
傷口を舐めないようにするような物は勧められませんでした。 「舐めちゃうと
思う入院?動物病院の上手な利用方法。しかし。健康な犬の場合でも避妊手術や去勢手術では。麻酔が必要になります。
危険やリスクも犬の麻酔には。全身に麻酔をかける?全身麻酔?と。体の一部に
麻酔をかける?局所麻酔?があります。通常麻酔では少量の鎮静剤。麻酔剤を
注射し。大人しくなったところで吸入麻酔で導入。維持を行います。避妊手術
手術の前に鎮痛剤を使用する動物病院も増えてきました。しかし。

ワンちゃんの避妊手術?去勢手術。ワンちゃんの場合。犬種差や個体差はありますが。一般的に生後 ヶ月から
ヶ月で初めての発情を迎えます。これより前に避妊手術を行うと。乳腺腫瘍に
なる確率が低くなるといわれています。しかしながら。手術は全身麻酔をかけ犬。去勢手術も避妊手術も全身麻酔をかけて犬の体にメスを入れる手術です。 しない
しかし。生後カ月で避妊手術をした大型犬に関節異常などが多くみられること
から。とカルフォルニア大学デービス校獣医学部が共同研究を行いました。

同意書にサインしましたよね?そこになんと書かれていましたか?体重がすごく小さいのでティーカッププードルでしょうか?全身麻酔があなたの愛犬の体重に対して多かったのでは?千住犬2匹もティーカップでしょうか?とにかく命だけでも助かることを祈っております。肝臓が小さく低血糖症、しかも小さいということで、麻酔はかなりのリスクです。今の状況でいうのは心苦しいのですが、命に関わることもあるという事を聞いてサインされたのであれば、こうなることも承諾しているということになってしまいます…ですが、病院側もそのようなリスクがあるのであれば一晩預かるなどするべきだったと思います。避妊手術の時はお腹を開けるのでほとんどの病院が一泊させます。そのリスクがありながら手術終わったら飼い主様に丸投げでは病院の意味がありません。病気の事をわからない飼い主にリスクがある子を丸投げするのは如何なものか、無責任ではないかということは伝えてください。どんな手術でもリスクはあると思います。うちのわんこの避妊手術の時はその日のうちに帰ることも出来ますがどうしますかと聞かれたので、何かあると怖いので病院に1泊しました。そこの病院は帰ったとしても夜間救急医の連絡先も知らせています。悔やんでも仕方のないことですが、病院選びや何かあった時の対応を考えておけば良かったかも知れません。どうしてそうなってしまったかの原因を獣医さんから納得にいく説明をしてもらいましょう。またこれからの治療内容も確認されましたか?万全を期しても人間と同じで、わんこも何が起こるか分かりません。1日も早く回復することをお祈り致します。体格の小さいトイプードルで多いのが門脈シャントです。血液検査の際肝臓とアンモニアの数値は正常でしたか?高値の場合はまず食前食後で値を測定し、それでも高い場合は疑惑があるので大学病院に行って門脈シャントではないか検査を受けて正常であれば麻酔をかけられると判断します。手術はしたということなので検査で問題はなかったとは思いますが、ティーカッププードルや2キロ未満のプードルに関しては門脈シャントではないか確認した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です