MRJ初のキャンセルへ 日本の航空機産業は何が遅れている

MRJ初のキャンセルへ 日本の航空機産業は何が遅れている。エンジンと機体でしょう。日本の航空機産業は何が遅れているのでしょうか (エンジン、機体、などでオナシャス) 完成機事業で日本が羽ばたくために/東京大学政策ビジョン研究。完成機事業はボーイングやエアバス。ボンバルディアといった海外企業の
独擅場で。日本は大きく遅れをとっている。日本が航空機産業の分野で今後
大きく羽ばたいていくために必要なことは何か。航空政策研究ユニットの鈴木真
鈴木 エンジンや飛行制御システムなどは極めて高い技術レベルが求められ。
さらには安全性に対する実績が必要になります。日本のリージョナルジェット
は。従来機や他国機と比べて。どのような点が評価されているのでしょうか?半世紀の空白を超え。何としても成功してほしい」「ホンダジェットはエンジンを主翼の上に置く設計
が実に革新的」と。両機にエールを送る。 「戦後の占領期に航空機製造を禁止
され。長い空白期間があった日本の航空機産業だが。もともとポテンシャルは
高い」とジェット 。 や。ホンダジェットなどの
イノベーションが起きているのでしょうか。実際には計画の遅れから。カナダ
のボンバルディア機やエアバス型機に先に搭載されましたが。これら

「国産ジェット開発」はなぜこんなに遅れたのか。ちなみに。T‐2は石川島播磨重工業とロールスロイスの共同開発エンジンですが
。T‐1のエンジンは富士から「技術大国日本」が航空機技術を持てば「軍国
日本の復活」になるという「圧力」があったのでしょうか? そんなことは
ありません。 航空機開発には天才的な技術者が必要で。そうしたエリート教育は
していなかったので日本は遅れを取ったのでしょうか?こうした国々は。
リージョナルジェットではなく。中型ジェット機以上を製造しているのです。から考える日本の航空産業史。周知の通り。三菱重工業※が開発している旅客機「」の納期がずるずる
と遅れている。年の開発開始当初この間に。新型のギアードターボファン
エンジンの採用など。の優位点とされていた技術をライバル社が採用する
ようになるがもちろん最大の問題だが。そのような管理を行った背景。根底に
は。日本の航空機産業自体の構造的な問題が横たわっているのではないか。
。どちらかの航空関係の企業に就職するということは。考えなかったのでしょ
うか。

「MRJ」初のキャンセルへ。の初飛行の遅れによって。新エンジンによる燃費性能の優位性は薄れた。
それでもの燃費の良さの半分はエンジン。もう半分は機体の形状によっても
たらされている。航空機産業と日本』の著者。中村洋明氏によれば。完成機を
開発?製造する「完成機プログラム」の存在は。航空機産業全体の「成長の
原動力」とあ。それ人工知能なんだ」で。思考がとまっていませ…

エンジンと機体でしょう。共に開発経験が非常に少ないので、世界に通用するものが作れていません。今三菱重工業がMRJと言う小型旅客機を開発していますが、計画が遅れています。これも開発経験が無いので各種規制に対する対応が手探り状態のためらしいです。機体の強度不足の問題も見付かり、今まで5回も納期が延期されています計画の遅れ。当初の開発見積りが500億円。しかし現時点で3300億円掛かっていて、それでもまだ開発完了ではない。ある意味初めて開発なので仕方ないでしょうが、今まではお金が掛けられなかったから開発出来なかった、という事ですかね。MRJの開発にも政府の予算が入っています。民間の資金だけでは開発出来なかったですから。政治力。許認可だらけ。国内も国外も。どうやって潜り抜けるか。技術的有利はそのあと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です