PID制御 比例制御について比例ゲインKpを大きく設定す

PID制御 比例制御について比例ゲインKpを大きく設定す。全般的に「何が?何を」が足りないx。比例制御について、比例ゲインKpを大きく設定することで、操作量u u=Kp(目標値ー出力) が大きくなり減衰するのが早くなる しかし、Kpを大きく取りすぎると目標値を大きく超えてオーバーシュートが生じることで振動的になる この説明の間違い?足りないところはありますか 「宮崎技術研究所」の技術講座「電気と電子のお話」9。制御対象の特性に対して。サンプリング周期が長いと。サンプリングに起因する
。応答の遅れが発生します。このために。以下のお話は。アナログ制御
に関するお話ですが。サンプリングが十分に速いディジタル制御についても。
適用することが。できます。 比例制御この両者の兼ね合いから。最適な。比例
ゲイン の値が存在することが。予想されますコラム – 参照。図の場合
比例ゲインの値を。緑色よりも。さらに大きくすると。オフセットは。ゼロに
近付きます。

PID制御。ここで。制御の比例項。積分項。微分項のそれぞれの特徴について簡単に説明
します。図の右図のように比例ゲインを大きくすることによって。開ループ
系のゲインを全周波数域で高め。定常偏差を小さくする効果が望める一方で。

全般的に「何が?何を」が足りないx 減衰主要な部分から修正すべきだと思いますが、細かいことをいうと他にも比例制御の特徴が足りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です